アルファード エクステリア 画像
アルファード S グレード エアロ画像

エアロタイプ

ワイド感を高めて圧倒的な
迫力に満ちたエアロタイプ

マイナーチェンジ前では設定が無かったVIPグレードである
Executive Loungeのエアロ版Executive Lounge Sが新たに設定されました

アルファード Gグレード 画像

標準タイプ

品格とダイナミズムを強めた
標準タイプ

グリルセンター部の突き出しや縦基調を強調したメッキ加飾などにより、更なる高級感を持った佇まいへと進化しました

3眼LEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム/オートレベリング機能)+
LEDクリアランスランプ(イルミネーション【デイライト】機能)

先進性を表現する流れるウインカーをフロント・リアに装備。更に先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光し、ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の視認性を確保するアダプティブハイビームシステムも装備。
※ExectiveLouge,ExectiveLounge Sに標準装備 G/GF/G"Fパッケージ"/SR/SC/S"Cパッケージ"にメーカーオプション

アルファード 3眼 ヘッドライト

2眼LEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム/オートレベリング機能)+LEDクリアランスランプ

2眼タイプにはハイビームとロービームを自動で切替し、切替忘れを防ぐほか手動操作の煩わしさを軽減するオートマチックハイビームを装備。また、オプションにより、流れるウインカーやLEDコーナリングランプ等も装備可能です。
※ExectiveLouge,ExectiveLounge S以外の全車標準装備(写真は2眼LEDヘッドランプのメーカーオプション仕様)

アルファード 2眼 ヘッドライト

 

LEDシーケンシャルターンランプ

C-HRやハリアーで搭載された流れるウインカーがアルファードにも設定可能になりました。更に今回のアルファードではフロントだけでなく、リヤ側も対応しております。

アルファード シーケンシャル 流れるウインカー

 

ALPHARD LEDシーケンシャルウインカー動画

カラーバリエーション

標準タイプ

エアロタイプ

燃費・走行性能

V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン

V6エンジンの集大成として、全ての主要部品を一新して開発した3.5Lエンジン。力強いV6の動力性能をドライバーの思い通りに反応させる8速オートマチックにより、比類なきパフォーマンスと燃費を向上させました。
最高出力<ネット>221kW(301PS)/6600r.p.m.
最大トルク<ネット>361N・m(36.8kgf・m)/4600~4700r.p.m.
JC08モード燃費:10.8km/L(※グレードやオプション等により異なります)

2.5L 2AR-FE Dual VVT-iエンジン

低速からの力強い加速と優れた燃費性能を両立したエンジンです。街中でも高速でも力強く伸びやかな発進と加速を体感できます。
最高出力<ネット>134kW(182PS)/6000r.p.m.
最大トルク<ネット>235N・m(24.0kgf・m)/4100r.p.m.
JC08モード燃費:12.8km/L(※グレードやオプション等により異なります)

ハイブリッドシステム

エンジン・モーターのトルクによるスムーズな走りと、優れた低燃費・静粛性を実現し、独立したモーターが滑りやすい路面でも操縦安定性を確保するE-Four(電気式4WDシステム)も搭載。
また、深夜の住宅街などエンジン音が気になる時などは、モーターのみで静かに走行できる【EVドライブモード】はハイブリッドならではの持ち味です(ハイブリッドバッテリーの充電状態など状況によっては使用出来ない場合がございます)
JC08モード燃費:19.4km/L(※グレードやオプション等により異なります)
エンジン最高出力<ネット>112kW(152PS)/5700r.p.m.
エンジン最大トルク<ネット>206N・m(21.0kgf・m)/4400~4800r.p.m
フロントモーター最高出力:105kW(143PS) 最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)
リヤモーター最高出力:50kW(68PS) 最大トルク:139N・m(14.2kgf・m)
システム最高出力:145kW(197PS)

安全性能

アルファード 安全装備

レーントレーシングアシスト(車線維持支援で高速道路の運転をサポート)

アルファード LTAイメージアルファード 車線維持支援

スイッチをONにすると、車線から逸脱する可能性があることを警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援を行います。さらに高速道路等を走行中、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)作動時、車線維持に必要なステアリング操作支援を行います。なお、レーダークルーズコントロールを使用していない場合でも、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能、ふらつき警報機能は作動します。

【車線維持支援機能】
車線中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援。白(黄)線が検出困難な場合でも先行車両に追従する支援を行います。

【車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制機能】
車線から逸脱する可能性をマルチインフォメーションディスプレイに表示、および警報ブザーにより警告するとともに、車線からの逸脱を避けるのに必要なステアリング操作の一部を支援。さらに、車線の判断については、白線だけでなくアスファルトや縁石などの境界から逸脱すると判定した場合も支援します。

■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。 ■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■あくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

プリクラッシュセーフティ(車両/歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付)

アルファード ぶつからないをサポートアルファード 自動ブレーキシステム

前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)を、ミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者や自転車運転者に対しては自車速度約10〜80km/hの速度域で作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値です。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

レーダークルーズコントロール作動イメージ

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

定速走行:希望の車速をセットし定速走行を開始。
減速制御:自車線上に自車より遅い先行車を検知すると減速。
追従制御:適切な車間距離を保ち追従走行。
停止保持制御/発進制御:先行車が停止した場合、自車もスムーズに停止。
先行車が発進した場合、スイッチ操作またはアクセル操作により追従走行を再開。
加速制御:先行車がいなくなった場合、セット車速までゆっくり加速して定速走行に復帰。

■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。 
■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

先行車発進告知機能(前の車の発進をブザーと画面表示でお知らせ) 

先行車発進をお知らせ

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気付かずそのまま停止している場合、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示でお知らせします。

■先行車が約4m以上進んでも自車が停止したままとシステムが判断した際に作動します。
■機能のON/OFFおよび通知タイミングの変更が可能です。また、動作にはシフトポジション等の条件がございます。詳しくは取扱書をご覧ください。

アダプティブハイビームシステム/オートマチックハイビーム

自動でハイビームからロービームまたは遮光範囲可変ビームへ切替

アダプティブハイビームシステムはLEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高め、夜間の優れた視認性を確保します。

■自車速度約15km/h以上で作動します。
■道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
■標準装備、メーカーオプションでの装備となるグレードがございますので詳しくはスタッフまでお尋ねください


オートマチックハイビームハイビームとロービームを自動で切替え夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、頻繁な手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
■Executive Lounge、Executive Lounge Sを除く全車に標準装備。

ブラインドスポットモニター(車線変更時の後方確認アシスト)

ブラインドスポットモニター 作動イメージ

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯させます。その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。

■検知対象の目安となる大きさは、小型の二輪車よりも大きな車両となります。一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。
■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。
■ブラインドスポットモニターは、車線変更時の後方確認をアシストするシステムです。実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。■Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備。その他全車にメーカーオプション。

ロードサインアシスト(標識の見逃し防止をサポート)

標識をディスプレイに表示

前方のカメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。ディスプレイ表示中に速度規制値を超過した場合や、はみ出し通行禁止を表示中に自車の追い越し操作を検出した場合などには、表示の点滅などでドライバーに告知する機能も備えています。

リヤクロストラフィックアラート(後退時の死角を検知し、注意を喚起)

RCTA 作動イメージ

後退して出庫する際、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーで知らせます。さらに、ナビ画面に検知結果を知らせる表示を行います。

■天候状態、道路状況、および車両状態によっては、ご使用になれない場合があります。 ■リヤクロストラフィックアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 ■ブラインドスポットモニターのレーダーは真後ろの車両を検知できないため、リヤクロストラフィックアラートは必ずバックモニターと合わせてご使用ください。■Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備。その他全車にメーカーオプション。

インテリジェントクリアランスソナー(踏み間違えてもサポート)

アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速取り回し時における衝突回避、または衝突被害の軽減に寄与するシステム。前後進行方向にある壁などの障害物を検知している場合、発進時に出力を抑制し、更に距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。車載センサーを前後8つにすることで検出範囲を広げており、ガラスでも検知します。

■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。■本機能は自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性が無くてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱書をご覧ください。■Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備。その他全車にメーカーオプション。

デジタルインナーミラー(後方の安全確認をサポート)

アルファード デジタルインナーミラー

車両後方カメラの映像をインナーミラー内のディスプレイに表示。切替レバーを操作することで、鏡面インナーミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切替を行えます。視界を遮る物が無い映像による後方の安全確認を可能としました。

■初めての走行前や運転者が変わる場合には、必ずミラーの調整を安全な場所に停車して行い、走行中には絶対に行わないでください。調整を行わずに走行すると映像が2重映りする場合があります。また、ツインムーンルーフ装着車等で外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合にはシェードを閉めてください。■体調・年齢などにより、画面に焦点が合うまで時間がかかる場合があります。また、着雪や汚れ等により映像が見づらくなる場合があります。その場合には鏡面インナーミラーモードに切替えてご使用ください。■周囲が暗い場所では周囲を明るく見せるためにデジタル信号処理を実施しているため、特有のちらつきが発生する事があります。■Executive Lounge、Executive Lounge Sに標準装備。その他全車にメーカーオプション。

インテリア

最上級グレードである、エグセクティブラウンジには上質な肌触りのプレミアムナッパ本革シートを採用。
また、同エアロ仕様ではモダンなイメージを与えるブラック&ホワイトの内装を選択可能に。
合成皮革シートが装着されるグレードでは運転席・助手席にシートヒーターと夏場を快適にするベンチレーション機能を装備。本革シートでは更に同様の機能が2列目シートにまで装備されます。

便利な機能&おすすめグレード

ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能

通常のスマートエントリー+プッシュスタートシステムの機能に加え、予め設定したスライドドア検知エリアに近づくだけで、スライドドアが解錠しオープンする機能なので買い物で両手が塞がっている時などに非常に便利です。
また、パワースライドドアまたは、パワーバックドアの自動クローズ中にフロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで、クローズの完了を待たずに施錠を予約出来るので雨天時等に便利です。

■予約ロック機能は全車標準装備。ウェルカムパワースライドドアロック機能およびパワーバックドアはグレードによって異なります。詳しくはスタッフまでお尋ねください
■植込型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波によりそれらの機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込型心臓ペースメーカー等の機器を近付けないようにしてください。電波発信を停止することも出来ますので詳しくはスタッフまでご相談ください。

パワーバックドア(挟み込み防止機能付)


スマートキーやオーバーヘッドコンソールなどのスイッチ操作ひとつで、バックドアを自動開閉する機能です。大きさも重さもあるバックドアですので特に女性の方にお勧め出来る機能です。雨天時等にも車内から出ずに開閉することが可能な点もポイントの一つです。

後席用サンシェード
(スライドドアガラス・リヤクォーターガラス)

直射日光を遮り、日射しの強い日でも後席の方に快適なひとときを提供します。カー用品店などで簡易的な物を購入する必要もなく、収納場所にも困りません。

ステアリングヒーター

寒い日でも快適に操作ができるようにステアリングヒーターを設定。後述のシートヒーターと併用することで、車内が暖まるまで時間がかかる時にも役立つ機能です。

快適温熱シート(シートヒーター)&ベンチレーションシート

運転席・助手席に温度調節が可能で、即温性に優れた温熱シートを採用。長時間座っていると負担のかかりやすい肩や腰。寒い日に冷えやすい脚部に快適なぬくもりを伝えます。シートーヒーターは冬季だけでなく冷房中でも使用可能ですので冷房が苦手な女性の方にもお勧めの機能です。また、背もたれ面と座面から爽やかな風が吹き出すシートベンチレーション機能で夏場を快適に過ごせます。本革シートでは同様の機能が2列目シートにまで装備されます。


そんな便利で快適な機能を装備している中でもお買い得なグレードは・・・

アルファード S Cパッケージアルファード SCパッケージ 内装 運転席アルファード SCパッケージ 内装 シート

ALPHARD S"C Package" [2.5L] 4,362,120円(消費税8%込)

高級ミニバンを象徴する豪華絢爛かつ快適装備を搭載したお勧めグレードです。
上記の[ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能][パワーバックドア][後席用サンシェード][ステアリングヒーター][快適温熱シート]等の機能が標準装備。特徴的な切削光輝+ブラック塗装の18インチホイールはSC[3.5L]とS "C Pakage"[2.5L]だけの専用装備。オプションでシーケンシャルターンランプ等が搭載された2眼・3眼ヘッドライトも選択することが可能なグレードでもあります。電動シートなので運転席のシート・ドアミラーポジションを3パターン登録して再現出来るメモリー機能付。
その他、豪華なチェアを彷彿させるエグゼクティブパワーシートや大型ハイグレードコンソールボックスも目を惹くグレードです。

 

後部座席のお子様が気になる子育て世代に・・・

アルファード SAパッケージ 内装アルファード ロングスライドアルファード ロングラゲージモード

ALPHARD S"A Package"[2.5L] 3,905,280円(消費税8%込)

他グレードでは助手席とセカンドシートで分かれているスライド可動域を、同一レール上にシートを設置することで驚きのシートスライド量(1,160mm)を実現しました。助手席で未体験のゆとりを味わうことも、買い物袋などを置いておくことも余裕で可能。セカンドシートのお子様のお世話の際も車外に出ることなく行え、お子様を運転席側のセカンドシートに乗せれば助手席にいながら簡単に顔を見て会話することも可能です。また、セカンドシートを横スライドさせて後部へ下げることで1列目と2列目の間に驚きの広々空間を作ることも可能。前述のステアリングヒーター等の機能が付かない分、価格もお安くなっておりますので小さいお子様がいらっしゃるファミリーにお勧めのグレードです。

静粛性と燃費、落ち着きを求めるアナタに・・・

アルファード HV G 画像アルファード HYBRID G 運転席アルファード HYBRID G 車内

ALPHARD HYBRID G[2.5L+モーター] 4,975,560円(消費税8%込)

トヨタが誇るハイブリッドシステムで18.4km/L(JC08モード燃費)の燃費とモーターによる力強い走り、静粛性を実現。エアログレードと違った外観と室内のフラクセン色のシートは落ち着きを感じさせてくれます。快適温熱シートやメモリー機能、後席サンシェード等は標準装備。オプションでウェルカムパワースライドドアやパワーバックドア、2眼or3眼ヘッドライトも選択可能なグレードです。ハイブリッドならではの機能として、オプションで装着可能なアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)はキャンプや災害時にも給電装置として役立ちます。また、8人乗りのHYBRID Xは装備は異なりますが19.4km/L(同)の燃費を実現しています。

8人乗車とフルフラットに拘るなら・・・

アルファード エントリグレード X 画像アルファード X 8人乗り 運転席アルファード X 8人乗り 車内

ALPHARD X[2.5L] 3,354,480円(消費税8%込)

2列目ベンチシートによる8人乗車と、フルフラットになる(7人乗りでは中央に隙間等が発生)シートアレンジが魅力。エントリグレードで値段を抑えながらも高級車の乗り心地を実現するダブルウィッシュボーンやToyota Safety Sense、LEDヘッドランプなどアルファードのステータスを崩すことはありません。前述のハイブリッドの8人乗り(4,363,200円)もお勧めです。

お得な買い方

アルファードの購入 月々の支払額がお得な この買い方
新型アルファード 徳島トヨペットのオンライン見積