エスクァイア 外観

インテリア

エスクァイアの上質感を更に高めたプレミアムパッケージ登場

エスクァイア プレミアムパッケージエスクァイア リビングのような室内空間

高級感と広々とした空間はまるでリビングのようにくつろげるスペースを演出

昼間でもくっきり見やすい高質感メーター


ユーティリティ

※上記の装備はグレードやオプションの設定により異なります。詳しくはスタッフまでお尋ねくださいませ。

後席用サンシェード

スライドドアのトリム内に、サンシェードを設定。直射日光を遮り、後席の方に快適なひとときを提供します。なお、サンシェードではカバーできないウインドゥ両端にも遮光性を持たせることで、窓全面をしっかり遮光します。

ステアリングヒーター

寒い日のドライビングでも、快適に操作できるようにステアリングヒーターを設定。インパネ部のスイッチONでステアリングを温めます。
[HYBRID Gi“Premium Package”、Gi“Premium Package”に標準装備]

快適温熱シート(運転席・助手席)

長時間のドライブで負担のかかりやすい肩や腰、寒い日や夏の冷房中に冷えやすい下肢を温めます。
■切替スイッチの写真はインパネ一体型コンソールボックス非装着車。
[ハイブリッド車、Gi“Premium Package”、Giに標準装備]

パワースライドドア予約ロック機能(スライドドアが閉まるのを待たずに施錠予約)

1. パワースライドドア閉作動
2. スマートロック操作で、施錠を予約
3. パワースライドドア閉後、施錠完了

パワースライドドアのクローズ中に施錠操作を行うと、クローズ後の施錠を予約できます。スマートエントリーシステム+プッシュスタートシステム装着車では、フロントドアハンドルのセンサーに触れるだけで予約が完了。また、スマートキー、ワイヤレスキーの施錠ボタンでも予約が可能です。スライドドアが閉じきるのを待たずに、クルマから離れられます。

[パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)はハイブリッド車、Gi “Premium Package”、Giに標準装備/その他のグレードにメーカーオプション]■パワースライドドア予約ロック機能(キーロック操作)は、全車標準装備となります。

上質な大型コンソールと野外で便利なコンセントを設定

インパネ一体型の大型コンソールは小物類の収納に便利です。車内2ヶ所に設置されるアクセサリーコンセントは、ハイブリッドカー特有の大容量の電気エネルギーにより、停電などの非常時に発電機としても使えます*1。電源は家庭用と同じAC100V。パソコンなどの家電用品*2に対応します。セカンドシートから携帯電話などを充電できるUSB端子2個をボックス後端に設定しています。
*1. 条件によっては使用できない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。周波数切替(50Hz/60Hz)につきましては販売店におたずねください。
*2. 製品によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず製品の取扱説明書をご覧ください。一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがありますのでご注意ください。
[HYBRID Gi“Premium Package”、HYBRID Gi、HYBRID Xiにメーカーオプション]

カラーバリエーション

燃費性能

エスクァイア 燃費・走行性能
エンジン 駆動方式 トランスミッション JC08モード燃費
1,800cc [HV]
2WD 電気式無段変則機 23.8km/L
2,000cc 2WD/4WD Super CVT-i(自動無段変則機) [2WD]16.0km/L *1
[4WD]14.8km/L *2

*1.Xi“サイドリフトアップチルトシート装着車”(2WD)はメーカーオプション装着により、車両重量が1,660kg以上になった場合、15.2km/Lとなります。
*2. Xi(4WD)はメーカーオプション装着により、車両重量が1,660kg以上になった場合、14.8km/Lとなります。

安全性能

エスクァイア 安全装備 TSSC

事故に真摯に学び商品開発に活かす、トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ。それが、“Toyota Safety Sense C”です。さまざまな交通事故統計を分析した結果を踏まえ、発生割合が高い事故に対応する3つの先進安全機能をパッケージ化、エスクァイアの全グレードに標準装備しました。。

プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

エスクァイア プリクラッシュセーフティ

進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突が予測される場合には、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動。ブレーキを踏めなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマや白線、対向車のランプなども認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

■警報は自車速度約15km/h〜140km/h※、ブレーキアシストは自車速度約30km/h〜80km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値。

※公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報) 

エスクァイア LDAエスクァイア 車線逸脱防止

レーンディパーチャーアラートは道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

オートマチックハイビーム(夜間の歩行者の早期発見に貢献)

オートマチックハイビーム作動イメージ

先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者の早期発見に寄与します。 切り替え忘れを防ぐほか、頻繁な手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

LEDコーナリングランプ(交差点進入時などに視認性を確保)

エスクァイア LEDコーナリングランプ

(交差点進入時に進行方向の1,2もしくは3,4がすべて視認可能)

ヘッドランプ点灯走行時に、ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯。交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。ヘッドランプ点灯状態で車速約30km/h以下の時、ウインカー点灯やステアリング操舵角80°以上の状態で点灯。またシフトが「R」ポジション時には、左右同時点灯します。
[HYBRID Gi“Premium Package”、Gi“Premium Package”に標準装備]

自動防眩インナーミラー(後続車のライトの眩しさを緩和)

インナーミラー本体に取り付けられたセンサーが、周囲の光と後方からの光の度合いを検知。鏡面に当たる光の反射状態を自動で変化させ、ドライバーの視認性低下を緩和します。
[HYBRID Gi“Premium Package”、Gi“Premium Package”に標準装備]

お得な買い方

エスクァイアー購入 月々の支払を抑えるなら
新型エスクァイア 徳島トヨペットのオンライン見積