マークX外観1マークX 外観2
初代マークXの6眼を彷彿。
夜も昼も際立つ存在感
Bi-Beam LEDヘッドランプ

Bi-Beam LED ヘッドランプ&LEDクリアランスランプ/デイライト

350RDS/250RDS/250S/250S Fourに標準装備。250G/250G Fourにメーカーオプション

太陽光に近い色と強い光量で闇を照らす
ディスチャージヘッドランプ

バイキセノン式ディスチャージヘッドランプ&LEDクリアランスランプ

250G/250G"Fパッケージ"/250G Four"Fパッケージ"に標準装備

カラーバリエーション

洗車などによる小さな擦り傷を自己修復する【セルフリストアリングコート】を全色に採用。新車時の光沢とカラーを長期にわたり保持することに貢献します。

■鍵や硬貨などで引っかいた傷のように、セルフリストアリングコートが破壊された場合には、傷は復元しません。
傷の復元する時間は、傷の深さや周囲の温度により変化します。なお、お湯をかけるなど、セルフリストアリングコートを暖めることで復元する時間を短くすることができます。耐用年数は5~8年ですが、その後も一般塗装よりも傷がつきにくい状態を保ちます。ワックスをかける場合はコンパウンド(研磨剤)の入っていないものをご使用ください。

安全性能

マークX 安全装備

プリクラッシュセーフティシステム(衝突回避支援 ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

前方の車両や歩行者をミリ波レーダー単眼カメラで検出。警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

ミリ波レーダーは検知距離が長く、速度域の高い状況にも対応します。単眼カメラは物体の形や大きさが識別でき、車両や白線、対向車のライトだけでなく歩行者も認識できます。

この2つのセンサーの制御により、前方の安全を見守ります。

■プリクラッシュブレーキは、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10〜80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値です。

レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報&ステアリング制御) 

道路上の白線(黄線)をカメラが認識し、ウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイによる警報でお知らせします。

さらに車線逸脱を回避しやすいようにステアリングの操作をサポートします。

また、車両のふらつきを検知してブザーおよびディスプレイ表示により休憩を促します

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■写真の画面表示は、機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません

オートマチックハイビーム

先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。夜間の歩行者の早期発見に寄与します。

切り替え忘れを防ぐほか、頻繁な手動操作の煩わしさも軽減します。

■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。 ■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

高速道路などで先行車を認識。設定車速内で適切な車間距離を保ちながら追従制御します。また、設定車速を保ち、定速走行するクルーズコントロールへの切り替えが可能です。高速道路での運転負荷軽減にも寄与します。

①定速制御:希望の車速をレーダークルーズコントロールスイッチでセットすることにより定速走行を開始。
②減速制御: 自車線上に自車より遅い先行車を検知するとスロットルを閉じて減速。より大きな減速が必要な場合はブレーキ制御を行います。十分な減速をしないまま先行車に接近した場合は、ブザーを鳴らし、ドライバーの操作(ブレーキ等)を促します。
③追従制御: 減速制御後は先行車の車速変化に合わせてドライバーの選択した希望の車間距離(3段階)になるように追従走行します(ただし車速上限はセット車速まで)
④加速制御: 先行車が車線変更などでいなくなった場合は
セット車速までゆっくり加速し、定速走行に戻ります。

■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
■当ページ内の写真の画面表示は、機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。

インテリア

お得な買い方

マークXの購入 月々の支払を抑えるなら
マークX 徳島トヨペットのオンライン見積